• info

扶養って?

扶養内で働くと意味はどのようなものでしょうか?


扶養控除には税務上の扶養と社会保険上の扶養の2つがあります


税制上の扶養控除は、所得税や住民税の控除や、配偶者控除・配偶者特別控除に関するもの(配偶者控除・配偶者特別控除の詳しい解説は下記)。社会保険上の扶養控除は、健康保険や年金に関するものです。 一般的に「扶養内」と言うとこの2つが混ぜこぜになって語られることが多いですが、制度としては別物なんです。


…100万円の壁とかいいますよね? ではこの壁って?

100万円 住民税がかかってきます

103万円 所得税がかかってきます

106万円 場合によっては勤め先で保険に加入しなければいけません

130万円 配偶者の扶養に入ることができなくなります

150万円 配偶者特別控除の上限(2017年まで105万円でした)

201万円 配偶者控除の上限(2017年までは141万円でした)


ではここで実際の試算をしてみましょう。

100万円 さあここで地方税がかかります。しかし、3万円くらいです

120万円 あ、社会保険これは標準報酬(通勤費などを含みます。120万円とすると社会保険料は17万円税金は税金は7万200円併せて24万円です。社会保険恐るべし。しかし、年金は帰ってきます(多分)。考えどころです。

160万円 税金と保険料は28万8800円です。そして夫の扶養控除がなくなり、夫の税額控除がなくなり9000円ふえ、合計で29万7800円


もちろん、どれがお得かは答えがありませんが、年金を考えなければ、120万円くらいがやはりいちばん苦しく、このあたりを避けたほうが良いのかも。。。

将来年金受給を考慮するとなんとも言えません。最後はご自分の時間と収入のみて考えしょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

青色申告で、昨年の納税を取り戻す

本年はコロナ禍で、たくさんののフリーランスの方は赤字転落も余儀なくされる方も多いと思いますが、昨年はあんなに税金を支払ったのに。。。。その場合は、繰戻し還付を適用し昨年の納税を取り戻す制度があります。 昨年税金を支払った人かつ青色申告を提出されている方は是非一度ご相談ください。昨年の税金を取り戻すことが可能です。

個人事業主と給与所得者

国税庁HPで個人事業者と給与所得者の区分は見解がしめされていて、以下の場合は個人事業なります。 (1) その契約に係る役務の提供の内容が他人の代替を容れるかどうか。 (2) 役務の提供に当たり事業者の指揮監督を受けるかどうか。 (3) まだ引渡しを了しない完成品が不可抗力のため滅失した場合等においても、当該個人が権利として既に提供した役務に係る報酬の請求をなすことができるかどうか。 (4) 役務の

iAP 人事サービス事業部

電話:03-6256-9888

東京都千代田区麹町1-6-9 DIK麹町ビル2D